院長あいさつ

当院は1982年(昭和57)年9月に、産科と婦人科を専門とする施設として開院いたしました。

創立以来、年間の出産数は平均600人前後で、通算すると18,800人余にも達しました。

この数字は全校生徒数1,000人とした場合18校分の児童の全員が、たから産婦人科で生まれたことになります。この数値は恐ろしくもあり、感激も迫りくるものがあります。

またその頃生まれた子どもたちが結婚年齢に達し、親子2代にわたって当院で出産されるということも嬉しい限りです。

昨今は高齢出産が目立ちその対応には心身の負担も強く、それぞれの努力の積み重ねが分娩数に達したと思っています。なおのこと、子どもたちが健やかに育ってほしいと祈らずにはいられません。

忙しい中でも妊産婦さんの背景や立場に寄り添う努力が一層もとめられているように思います。

全職員の努力のおかげで多くの人たちの信頼を得た事に対しこころより感謝申し上げます。

たから産婦人科 院長 高良光雄

スタッフ全員